読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭痛の種

悩みは尽きないがそれでもなんとか頑張るブログ

似鳥鶏「彼女の色に届くまで」ーー『才能』についての話

 

彼女の色に届くまで

彼女の色に届くまで

 
 

彼女は、天才画家にして名探偵。

彼女に出会ったその日から、僕の人生は変わった。

絵画で謎を解き明かしながら僕は知る、その喜びと苦しみを。

 

 「市立高校シリーズ」や「動物園ミステリーシリーズ」などでおなじみの似鳥鶏の単行本最新作。

 似鳥鶏作品ということで一筋縄ではいかないと思っていたけど、青春ミステリというアオリを見て読んだら良い意味で裏切られた。そんな感じでした。

 

 

 物語は、簡単にいえば「絵を描くこと」だけがとりえの画商の息子、緑川が、天才的な絵画の才能を持った謎多き女子高生千坂桜と出会い、絵画にまつわるさまざまな謎を解決していく、という話。

 

 これだけ聞くと、多くの人が少年少女の甘酸っぱい青春ストーリー、若者の瑞々しい一瞬を描いた物語、みたいな印象を受けると思いますが、どちらかというと「夢を追う若者」の話として読んだ方がいいかもしれません。そしてなにより、「才能とはなにか?」を描いた作品であると思います。

 

 

青春アートミステリ

 

 まず、絵画がモチーフになった作品ということで、随所に絵画の名作や巨匠の雑学が散りばめられ、毎回の事件解決には実在する絵画がきっかけになるのがおもしろい(それらの絵画のカラー口絵も収録というこだわりっぷり)。

 

 構成は連作短編という形をとっていて、基本的には一話完結としてトリックなどは鮮やかに解き明かされますが、少しの違和感(主に動機面)にひっかかりが残され、それらがクライマックスにて…という風になっています。後述しますが、このクライマックスシーンがとてもよかったのです。

 

もちろん変人ばかり

 また、おなじみの似鳥節も健在。プロローグでは、緑川の絵画に対する思いについて独白から始まり、いつも軽妙な語り口では鳴りを潜めていたので、おや?と思ったのですが、第一章からは早速変人の同級生が登場、雑学、訳注を使ったも小ネタが炸裂してました。

 緑川くんの親友の風戸は自らの筋肉を愛し、その筋肉美を見せつけるかのように制服のシャツをはだけさせている男ときてます(あだ名は「はだけ」)。しかも情に厚く、緑川くんと千坂さんの一番の理解者。なんていいやつなんだ。

 

 ヒロインに当たる千坂桜も、登場時は「黒髪」で「どこか儚げ」とった典型的な謎めいた女の子といった感じだったんですが、後半に進むにつれて、「生活能力がない」「人と上手く話せない」といった描写が増え、謎めいた、というよりは「困ったちゃん」みたいな趣が強くなってきます。

 

彼らを結ぶもの

 そして何よりこの作品について特筆したいのは、主人公の緑川くんと千坂さん、このふたりのなんとも微妙な関係性と、そのふたりを結んでいるものがなにか、というところ。

 

 最初に述べた通り、千坂さんには天才的な絵画の才能があります。そして緑川くんも「描く人」であるがゆえに、彼女の才能を恐強い嫉妬心を抱いてしまう。しかし持前の性格、いやここではあえて性(さが)といった方がいいと思うんですが、そのせいで彼女の面倒を見たり、彼女の活動をサポートすることになります。

 

 そんな二人の不安定な関係性に動きが訪れるのが最終章です。最終章では彼らは成長し、緑川くんは実家の画商を継ぎ、千坂は覆面画家として活動しているのですが(こういった描き方からも、この作品が扱っているのが「青春の一ページ」的なものではないということがわかる)千坂の「ある秘密」が明らかになります。

 

 この秘密というのが、彼女の絵画への想いの根幹にあるようなもので、これが明らかになったことで、彼女はある決意をします。絵を描くことをやめること、そして覆面作家としてのペンネームを緑川に譲ること。

 

 これを聞いた緑川君の心は一瞬揺らぎます。かねてから憧れてきた千坂の作品、一番近くで見続けてきた彼女の成功を自分のものにできる。そして、「ふつうの女の子」になった千坂とずっと一緒にいることもできる。

 しかし、それも一瞬のことでした。

 

僕が一番好きなのはそれなのだ。絵をかくのをやめて、必死で「普通」になろうとする彼女は確かに可愛いのし嬉しいのだが、決定的に輝きが欠けてしまう。それは絶対につまらない。 

 

「無理だって。……千坂。無理だよそれ」

「でも」

「違う違う」掌を上げて待て待てとジェスチャーする。口元が緩むのをこらえられない。「僕じゃなくて千坂が無理なんだ。絶対に無理」

「……何が」

「君が絵を描かなくなることが」

 

 才能に関してのこういった話はもたくさんありますし、こういった場合「才能がある君が好きなんだ」ということは美談として語られることが多いですが、これって作中でも言われている通り、「わりとひどい話」なんですよね。つまりは、「才能がない君には興味がない」ってことだから。

 

 この物語にはこの考えに対し鮮やかに答えを示しています。 

 千坂は「描く人」だから。彼女はそれを捨て去ることはできないし、その限り、緑川君の彼女に対する感情は揺るがないということ。 

 

 そして、このあとの緑川君のおそらく作中一番の長台詞。ここが私はこの物語のクライマックスだと思います。千坂が「描く人」ならば、緑川君はなんなのか?

 彼はずっとが「持っていない人間」であることに苦悩しますが、ここで、彼は彼自身の才能を理解することになるのです。 

 

「持っている人」と「持ってない人」 

 今回で気が付いたんですが、似鳥鶏の描く主人公は、葉山くん*1然り、桃本くん*2然り、自分にいまひとつ自信がない人物が多いような気がします。しかも、周りから見られいる印象とよりも自己評価が下回っている感じの。作中では「持ってる人」「持ってない人」という表現が多用されますが、その言い方を借りれば後者のことです。

 

 ですがこのシーンが示すのは、緑川君にも確かに人とはちがう何かをもっているということ。そして、それはただ単に緑川くんが「持っている人」だったということではないんだと思います。「持っている人」「持ってない人」というボーダーラインは無意味だということ、もっといえば「持ってない人」なんていない、ということではないでしょうか。

 

「……緑くん、悪魔みたい」(略)

「千坂だって悪魔だろ。描くためなら、どんなことでもする」

 

  最後の二人の会話に彼らの関係性があらわれています。彼らが絵のそばで生きる限り、ふたり同士もまた一緒にいつづけるのでしょう。

 

おわりに

 このように、軽やかなタッチで重量感のあるテーマを扱うことに定評のある作者さんですが、今回もとてもデリケートで難しい主題を描いていると思います。

 

 もちろんミステリとしてじゅうぶんに楽しめますし、ふたりの恋愛模様に注目するもよし、絵画の豆知識を知るのもよし、いろいろな楽しみ方がある作品だと思います。

 

 未読の方はぜひ、既読の人はもう一度、読んでみてください!

 

 

 

 

 

*1:市立高校シリーズ

*2:楓ヶ丘動物園シリーズ

『君の名は。』罪深い映画だ!

いままさに大盛況、社会現象にもなりつつある映画『君の名は。』を見てきました。


客席は、休日の午後に見たこともあってか、館内一の大きさのスクリーンでもほぼ満席状態でした。学生のグループなども目立ち、なんとなく場内も華やいだ雰囲気。

上映が終了したときに、客席のいろんなところなら「やばい...」「すごい...」とどよめきが起こっていたのも印象的でした。


私は新海誠監督のアニメーション映画は不勉強ながら『秒速五センチメートル』しか観ていなかったのですが、それでも俗に言う"新海イズム"的なものを感じることができました。

と、同時に終盤では新海作品なのだから...という予想を裏切るような展開に転がっていき、最期まで息つく暇もなく手に汗握って楽しめました。


ちなみにこの映画正味1時間45分なのに驚きました。もっと長いかと思った...。


  



ここからは私の個人的な感想です。映画の登場人物や展開を踏まえた内容になるので、本編を観てからの閲覧が好ましいです。これから『君の名は。』を楽しみたいと思っている方、ネタバレを避けたい方は注意!

 






さて、『君の名は。』の魅力を語る上で挙がる要素は、光と影や水などの独特の風景描写、音響へのこだわり、少年少女それぞれが交錯するストーリーなど様々あると思います。

その中でも今回は、この作品では「"誰もが感じる"切なさ」を描いているという点について書きたいと思います。


私が思うに、切なさというものは、大切ななにかを失ってしまったために起こる喪失感と、それに起因するやるせなさが入り混じった感情です。

それを踏まえた上でこの映画で描かれる「切なさ」を考えると、少し特殊であることがわかります。


映画の冒頭はこんな台詞で始まります。(間違いがあるかもしれませんが)


   朝目が覚めると何故か泣いている。そういう事が、時々ある。見ていたはずの夢はいつも思い出せない。ただ、何かが消えてしまったという感覚だけが目覚めてからも長く残る。


おそらく、この台詞にほとんどの人が共感を覚えると思います。夢から覚めて、なんだか大切な事を忘れてしまったような気持ちになること、これは誰もが体験することでしょう。


このように、登場人物達は日常の中で喪失感を感じながら、ずっと誰だかわからない"誰か"を探している。つまり、大切ななにかを失った感覚はあるけれど、それがいったいなんなのかがわかっていない、という状態なのです。

これが、映画の中でひときわ強く描かれている「切なさ」です。


この「切なさ」は映画の要所要所でも現れます。


たとえば、主人公の高校生瀧くんが、三葉との入れ替わりが途絶えてからのシーン。

行ったことのない小さな村の景色が気にかかり風景を模写したり、何故だかその村で起きた事故が気になり何度もそれに関する記事を検索して読み漁ってしまう。


もしくは、彗星の引き起こす事故が防がれ、三葉に関する記憶が薄れていった瀧くんの場面。


就職活動を続けていくうえで自分が探しているのは就職先なのか、それとももっと違う何かなのかと悩む。

喫茶店で談笑する客にふと懐かしさを覚える。

歩道橋、交差点、階段、すれ違う人々の中にもしかしたら探し求めている「誰か」がいるのかもと思ってしまう。


先程、こういった感覚のことを、"特殊な"切なさと述べましたが、この感情は決して珍しいものではないと思います。

むしろ私達のような物語の受け手、観客側である、"一般人"こそ「何かが足りない」「何かを探している」と感じてしまうのではないでしょうか。

つまり、冒頭から描かれるこの「切なさ」は誰もが持ちうる普遍的な感情と言えます。



通常ならば、私達が生活の中で感じるであろうこういった感情に、答えは現れません。

しかし、この『君の名は。』ではその当てのない問いに答えが現れます。

距離や時空を超えた少年少女との入れ替わり。それがどんなに現実感のないものであっても、誰もが感じるあの行き場のない切なさが解消され物語が展開していくさまに、私達は心揺さぶられてしまいす。

そしてそして、だからこそ最後のあの再会の瞬間、「出会えてよかった....」と安堵のため息が出るほどにほっとさせられてしまうのです。


擦れ違う場面では本当にやきもきさせられました。『秒速五センチメートル』がトラウマ化している私は正直「終わった...」と思っちゃいました。

同方向に進む電車同士の乗客と目が逢う瞬間も誰もが経験しますよね。本当にあの演出はニクイです。


そしてさらにこの映画の罪深いところは、描かれる物語がほぼ「出会うまで」のお話だということ。

瀧と三葉の出会いはラストシーンのあの瞬間であり、それまではずっと二人は大切なものを探している最中です。

そして最後にあの美しい「出会い」を見せられ、RADWIMPS(今回めちゃくちゃ大切に扱われているという印象がありました。)のエンディングが流れ、ぽんと劇場から出て現実世界に引き戻されると、

もしや....私にもこんな出会いが起こるのかも....?

なんて思わされてしまう。



罪深い!本当に罪深い映画です!


とまあ、こんな具合に共感を得やすい設定や人物描写に美しい絵と音とが味方をして、ブームを呼ぶのも充分に頷けるなあ、と感じました。本当に面白い映画でした。現役で見られる高校生は幸せなんじゃないかなあ。


想像をあらわすのに吹き出しが用いられていたり、胸を触るシーン多かったり、気になる場面も少しありましたがアニメーション映画として成功している作品だと思います。

神木隆之介さんの女声がうまくてびっくりしました。あと個人的に勅使河原役で出演されていたモデルの成田凌さんが溶け込みすぎててまったく気付きませんでした。










ご挨拶

 

初投稿です。

 

こんな名前のブログですが、悩みを吐露したり愚痴をこぼすという場にはしないつもりです。自分を現実から逃避させてくれる、好きなものや人について語ったり紹介していきたいと思っています。